ジュエリーリフォームの魅力やデメリットをご紹介

>

どのようなデメリットがあるか知っておこう

ジュエリーリフォームのデメリットとは

ジュエリーリフォームにもデメリットはあります。とくに注意すべきはデザインです。ジュエリーリフォームを行う場合には、事前に利用者と業者の間でしっかりとデザインに関する相談が行われます。ただしここで両者の思いが一致していないと、出来上がりが利用者の思っていなかったものになってしまうことがあるのです。
一般的にはアフターサービス等を提供している業者が多いのですが、行っていない業者も存在します。そのため、リフォーム前にはしっかりと意見を一致させるようにしましょう。
アフターケアの対応範囲について確認しておくことも大切です。
業者側で問題が生じた場合の対応も併せて確認しておきましょう。製作の際に不具合が生じて破損が起こる可能性があることも忘れてはいけません。

ジュエリーをすり替える業者もいる

あってはならないことですが、現実にジュエリーリフォームでジュエリーすり替えの被害を受けたという利用者も存在しています。そのため、業者自体が信用できるものなのかをチェックすることも大切です。例えば口コミや利用者の声を確認する、実績を確認するなどです。
業者選びでは、どんな技術者がいるのかをチェックしてみましょう。鑑定士やジュエリーの取り扱いに配慮がなされており、自社でチェック機能を設定している場合には安心できる業者です。また商品の取り扱いも確認しましょう。大切なジュエリーです。乱雑な取り扱いを平然とするような業者では安心感は低いと言えます。加えて製品の納品に関する決まりなども確認してください。いつまでも納品せずにいる業者は頼りになりません。
ジュエリーは誰にとっても大切なもの。それを自覚したうえで取り扱いを進められる業者を選ぶことが大切です。


TOPへ戻る