ジュエリーリフォームの魅力やデメリットをご紹介

>

リフォームで思い出を生まれ変わらせる技術

ジュエリーリフォームはどんな技術か

ジュエリーリフォームとはお手持ちのアクセサリーやジュエリーを、そのデザインから新しいデザインに変更する技術のことをいいます。
例えば宝石がちりばめられたリング。長年使っていると、散りばめられた宝石が外れてしまいますよね。破損して見栄えが悪くなってしまうかもしれません。宝石が外れてしまったリングは見た目にも悪く、使いたくないと思うことでしょう。でも、このリングは両親からのプレゼントだとしたら思い出が詰まっているリングを処分するのは心苦しいと思います。
こうしたときにリングのデザインを変更、もしくは新しくジュエリーを埋め込んでデザインを変える等のジュエリーリフォームがオススメなのです。ジュエリーリフォームでは、ご紹介したようなリングデザインを変更するものから、リングを別のアクセサリーに変更するもの、さらにはまた違う宝石を加える事もできます。

どんな技術が用いられているのか

ジュエリーリフォームでは、もともともジュエリーの素材を生かして新たなジュエリーを製作するというケースが多く用いられています。手掛けるのはアクセサリーを製作する職人さんが中心です。
ジュエリーには様々な金属が使われています。この金属の一部を再利用して新しいジュエリーを製作することが多くあります。素材から用意してジュエリーやアクセサリーを製作する場合と比べると、もともとあったネックレスやリングの地金などを一度溶かして新しいデザインに再利用するため、ジュエリーリフォームは新品を購入するより価格も安価に抑えることが出来るのです。
思い出の詰まったジュエリーやアクセサリーは、処分するには勿体ないと感じるもの。こうした逸品を眠らせることなく日の目を浴びさせることができる技術といえます。


TOPへ戻る